あいのり北空便ほほえみグループ三ヶ森タクシー
社長ブログ
予約受付ログイン
メールアドレス:
パスワード:
ログイン
予約電話受付0936010077
会社案内

有限会社三ヶ森タクシー

〒807-0845
福岡県北九州市八幡西区永犬丸南町2-2-41
PHONE / 093-601-0077
FAX / 093-612-9220
E-mail / info@ainoritaxi.com

■配車センターTEL

093-601-0077

三ヶ森タクシー

北九州便利帳
■空港関連リンク
・新北九州空港
・JAL
・スターフライヤー
・J-AIR
・日本トランスオーシャン航空

もっと、北九州観光情報やグルメ情報を知りたい人は、こちらをクリック

→北九州便利帳

 
暴力団排除条例か、道路運送法か・・・

20100218-174822.jpg
本日は、博多八仙閣にて、毎年恒例の「暴力追放防犯協力推進協議会総会」がありました。
 警察からの講演では、4月1日に施行される「福岡県暴力団排除条例」についての説明がありました。この説明を聞くのも3回目なので、眠くなるのを我慢しながら聞いていましたが、1点気になる説明がありました。
 条例の具体的な事項のひとつに、「事業活動における禁止行為」というものがあります。
 その④暴力団の活動に資するものであることを知りながら暴力団員と取引をすること。
という禁止行為があります。井筒屋が暴力団に弁当を提供した、などということは、これからは条例違反となります。ここまでは今まで聞いていたことですが、
「暴力団事務所からタクシーの依頼があったときも、厳密に言えば条例違反になる。」という説明には、「えっ?」と目が覚めてしまいました。
 当社の地域にも昔は組事務所があって、無線配車したら「キャンセルをしたらいけない」先として存在していました。条例が施行されたら、「断らないといけない」ことになるのか?
 そういうことなら、暴力団にしっかりと講演していただかないと、却ってトラブルになりそうです。
 道路運送法では乗車拒否が違反であり、法令違反にならない拒否についてはいくつかの事例が定められています。例えば、
・認可運賃によらないものを求められたとき
・安全のための乗務員の指示に従わない時
・乗車定員を超える時
・危険物を持ち込もうとした時
などですが、暴力団に相当しそうなのが
・公序良俗に反する時
だと思いますが、それが認められるためには、国交省側のお墨付きも必要です。本来であれば、警察と運輸局とが共同で通達でも出す必要があると思います。
 さて、条例が優先するのか、法律が優先するのか・・・悩まされるのはいつも事業者ですね。
ブログランキング 社長

Posted by さだ at 2010年02月18日 17:46 │Comments(0) | TrackBacks (0)
社長ブログのTOPへ前の記事



■トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.ainoritaxi.com/mt/mt-tb.cgi/1236


■この記事へのコメント

■ご意見・ご感想はこちらから

コメントを投稿

(コメントはすぐには表示されません。しばらくお待ちください。)


このページのTOPへ