あいのり北空便ほほえみグループ三ヶ森タクシー
社長ブログ
予約受付ログイン
メールアドレス:
パスワード:
ログイン

会社案内

有限会社三ヶ森タクシー

〒807-0845
福岡県北九州市八幡西区永犬丸南町2-2-41
PHONE / 093-601-0077
FAX / 093-612-9220
E-mail / info@ainoritaxi.com

■配車センターTEL

093-601-0077

三ヶ森タクシー

北九州便利帳
■空港関連リンク
・新北九州空港
・JAL
・スターフライヤー
・J-AIR
・日本トランスオーシャン航空

もっと、北九州観光情報やグルメ情報を知りたい人は、こちらをクリック

→北九州便利帳

 
介護事業者の暴力団排除事例と選定のあり方

北九州市内の介護施設を経営する田川市の男性が、暴力団に資金提供していたということで、福岡県警が北九州市に施設の業者名を通報しました。市は、暴力団排除条例に基づき、事業譲渡などで経営から手を引くように指導する方針だということです。また、施設建設に伴う補助金2,625万円の支給停止も決めたようです。
 この補助金の額は、最近公募しているグループホームや小規模多機能だろうと思います。私が一番問題にしたい点は、公募案件に対する「審査のあり方」です。グループホームの公募には多数の事業者が応募しますし、また、応募数によらず基準点にいかない場合は見送るとも書いてあります。ということは、審査のあり方が大きなポイントになる訳です。
 市は、「県に照会した際は暴力団には該当しなかった」と言い訳していますが、要するに「暴力団でも文章がよければとおる審査」なのです。あるいは、巷に噂されているように、裏の力(例えば議員の口利き)が大きく利いているとすれば、この暴力団を支援する議員らがいたことになります。
 福祉の精神を大事にしながら、利用者のことを中心に考えるような事業者が選ばれない審査というものを、もう一度見直す必要があるのではないでしょうか?透明そうで、実は一番透明でないのが今の審査方法です。裁判員制度のように、市民から無作為に選ばれた人が、プレゼンを聞いてその場で投票する方が余程民主的なようにも思えます。
 あるいは、補助金の額を少なく申請する事業者を優先するとか。固定された審査員に裁量権を持たせるのはとても危険です。くじ引きの方がまだいいような気もします。
ブログランキング 社長
にほんブログ村 零細企業社長

Posted by さだ at 2010年11月05日 18:01 │Comments(0) | TrackBacks (0)
社長ブログのTOPへ前の記事



■トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.ainoritaxi.com/mt/mt-tb.cgi/1496


■この記事へのコメント

■ご意見・ご感想はこちらから

コメントを投稿

(コメントはすぐには表示されません。しばらくお待ちください。)


このページのTOPへ