あいのり北空便ほほえみグループ三ヶ森タクシー
社長ブログ
予約受付ログイン
メールアドレス:
パスワード:
ログイン

会社案内

有限会社三ヶ森タクシー

〒807-0845
福岡県北九州市八幡西区永犬丸南町2-2-41
PHONE / 093-601-0077
FAX / 093-612-9220
E-mail / info@ainoritaxi.com

■配車センターTEL

093-601-0077

三ヶ森タクシー

北九州便利帳
■空港関連リンク
・新北九州空港
・JAL
・スターフライヤー
・J-AIR
・日本トランスオーシャン航空

もっと、北九州観光情報やグルメ情報を知りたい人は、こちらをクリック

→北九州便利帳

 
八日目の蝉

20110504-203818.jpg
「前に、死ねなかった蝉の話をしたの、あんた覚えてる?七日で死ぬよりも、八日目に生き残った蝉の方が悲しいって、あんたは言ったよね。私もずっとそう思ってたけど」千草は静かに言葉をつなぐ。「それは違うかもね。八日目の蝉は、ほかの蝉には見られなかったものを見られるんだから。見たくないって思うかもしれないけど、でも、ぎゅっと目を閉じてなくちゃいけないほどにひどいものばかりでもないと、私は思うよ」
 “八日目の蝉”という映画を見て、角田光代作の単行本も読みました。冒頭の文章は、その中の1節から引用したものです。ある夫婦にできた赤ちゃんを、その主人と不倫して子をおろした女性が留守中に連れ出し、逃亡しながら自分の子として大事に育て、3年後くらいに逮捕されるという物語です。夫婦の家族も、逃亡した女性と子供も、通常ないような時を過ごすことになってしまい、“その後”をどうするのかという問いに、八日目の蝉を答えとしてもってきたのでしょう。いろいろあっても人は生きていかねばならない、できれば希望をもって、そういうメッセージなのでしょうか。
にほんブログ村 零細企業社長
人気ブログランキングへ

Posted by さだ at 2011年05月04日 20:37 │Comments(0) | TrackBacks (1)
社長ブログのTOPへ前の記事



■トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.ainoritaxi.com/mt/mt-tb.cgi/1671

» 映画「八日目の蝉 」他人と違う経験を自分がどう感じるか from soramove

トラックバック時刻: 2011年05月14日 20:42


■この記事へのコメント

■ご意見・ご感想はこちらから

コメントを投稿

(コメントはすぐには表示されません。しばらくお待ちください。)


このページのTOPへ