あいのり北空便ほほえみグループ三ヶ森タクシー
社長ブログ
予約受付ログイン
メールアドレス:
パスワード:
ログイン

会社案内

有限会社三ヶ森タクシー

〒807-0845
福岡県北九州市八幡西区永犬丸南町2-2-41
PHONE / 093-601-0077
FAX / 093-612-9220
E-mail / info@ainoritaxi.com

■配車センターTEL

093-601-0077

三ヶ森タクシー

北九州便利帳
■空港関連リンク
・新北九州空港
・JAL
・スターフライヤー
・J-AIR
・日本トランスオーシャン航空

もっと、北九州観光情報やグルメ情報を知りたい人は、こちらをクリック

→北九州便利帳

 
ユッケ食中毒に思うこと

飲食店を始める際には、保健所の許可を得る必要があり、申請をすると店舗に保健所の担当者がきて衛生面のチェックをします。主な点は、手洗いをするための設備が十分そろっているかなど、食品衛生上の設備要件を調査します。
 当社の場合も保健所の方がこられた時に、「生肉や生レバーのメニューがありますか?」と聞かれましたので、「え?」と思いましたが、それはないのでないと答えました。保健所の方からは、「ユッケや生レバーなどの生肉は、強制力はありませんが、保健所としては認めてません。どうしても出したいのなら、それで店を閉めなくてはならないと思ってください。」と言われました。「消費者は、それが命に関わるほど危険なものとは思っていないので、そのことを伝えないで生肉を出すことは消費者を裏切ることになる」という趣旨のことも言われました。
 居酒屋に対しても言われるくらいですから、焼肉屋には十分に伝えていると思いますが、それでもユッケや生レバーを提供する店の感覚を疑います。私は、この言葉がいつも頭に残っているので、自分では(好きでもありませんが)食べることはありません。
 今回の事件は、被害に合われた方には大変お気の毒だと思いますが、いつか出るべくして出た被害なのかもしれません。保健所も、出してはならないと思うのであれば、強制力をもって禁じるべきものだと思います。消費者には責任はないのですから。
 ある東京都内の保健所のチラシには、次のように書かれています。
――
“それでもあなたは食べますか~生肉と食中毒の話”
日本国内には、生食できる鶏肉・牛肉はありません。
(中略)
ですから、区民の皆さんは絶対に生肉は食べないで下さい!
ユッケ、レバ刺、牛刺し、鶏わさ、鶏刺し等は注文しないで下さい !
自己責任でも食べては駄目です!
――
皆さんは、こういうチラシを見たことがありますか?保健所が「注文しないで下さい」というメニューがどこでも出されている現状をどう思いますか?みんな、無責任ですよね?
にほんブログ村 零細企業社長
人気ブログランキングへ

Posted by さだ at 2011年05月06日 09:16 │Comments(0) | TrackBacks (0)
社長ブログのTOPへ前の記事



■トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.ainoritaxi.com/mt/mt-tb.cgi/1674


■この記事へのコメント

■ご意見・ご感想はこちらから

コメントを投稿

(コメントはすぐには表示されません。しばらくお待ちください。)


このページのTOPへ