あいのり北空便ほほえみグループ三ヶ森タクシー
社長ブログ
予約受付ログイン
メールアドレス:
パスワード:
ログイン
予約電話受付0936010077
会社案内

有限会社三ヶ森タクシー

〒807-0845
福岡県北九州市八幡西区永犬丸南町2-2-41
PHONE / 093-601-0077
FAX / 093-612-9220
E-mail / info@ainoritaxi.com

■配車センターTEL

093-601-0077

三ヶ森タクシー

北九州便利帳
■空港関連リンク
・新北九州空港
・JAL
・スターフライヤー
・J-AIR
・日本トランスオーシャン航空

もっと、北九州観光情報やグルメ情報を知りたい人は、こちらをクリック

→北九州便利帳

 
タクシーの生産性を上げるために

3月19日の日経新聞1面に「賃金水準世界に劣後」という記事がありました。欧米では、日本よりも休日も多く労働時間も短いように思えますが、賃金水準が低いということは生産性を上げる方向に向かっていないのだと感じました。
 タクシーで言えば、はっきり言って生産性が低過ぎます。タクシー事業を営んでいる会社も悪いのですが、安全第一を掲げての監査中心の行政では生産性を上げるのは無理だと思います。
 最近では、IT化でいろんなことができるようになりました。復路のタクシーを空車で帰らせるのはもったいないので、復路だけを割引にして実車率を上げることも可能です。雪の日には、普段の数倍の電話があるにも関わらず配車できるのはごくわずかで、道路は渋滞で効率も悪くなります。そういった時には、値段を上げるのが合理的です。
 いろんな運賃を絶妙にコントロールすることで、AI(人工知能)が40%の実車率を80%程度まで上げることができるのではないかと考えています。それくらいの技術レベルにはなってきているのに、法律が何もさせないというのが今の日本です。タクシーの運賃は、もっと弾力化すべきです。
 MaaSという言葉が、最近は国交省もよく口にするようになりました。鉄道、バス、タクシー等をシームレスに利用できるだけでは、自家用車を手放すことにはなりません。MaaSが目指す世界は、自家用車からの脱却であり、そのためにはタクシーが料金的にも使いやすくならないとだめなのです。結局は生産性を上げて、運賃を下げれる工夫を実践していくのが先なのに、会議ばかりで議論しても何も進みません。もっと、事業者にいろんな取り組みをさせて欲しいと切に願うばかりです。
にほんブログ村 零細企業社長
人気ブログランキングへ

Posted by さだ at 2019年03月19日 09:53 │Comments(0) | TrackBacks (0)
社長ブログのTOPへ前の記事



■トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.ainoritaxi.com/mt/mt-tb.cgi/3118


■この記事へのコメント

■ご意見・ご感想はこちらから

コメントを投稿

(コメントはすぐには表示されません。しばらくお待ちください。)


このページのTOPへ