あいのり北空便ほほえみグループ三ヶ森タクシー
社長ブログ
予約受付ログイン
メールアドレス:
パスワード:
ログイン
予約電話受付0936010077
会社案内

有限会社三ヶ森タクシー

〒807-0845
福岡県北九州市八幡西区永犬丸南町2-2-41
PHONE / 093-601-0077
FAX / 093-612-9220
E-mail / info@ainoritaxi.com

■配車センターTEL

093-601-0077

三ヶ森タクシー

北九州便利帳
■空港関連リンク
・新北九州空港
・JAL
・スターフライヤー
・J-AIR
・日本トランスオーシャン航空

もっと、北九州観光情報やグルメ情報を知りたい人は、こちらをクリック

→北九州便利帳

 
宮古島での第一種免許タクシー要望について

7月23日のニュースですが、
「宮古島市の下地敏彦市長はこのほど、菅義偉官房長官や田中良生地方創生副大臣と面談し、今後見込まれる観光客の増加に対応するため、宮古地区でのホテル建設やタクシー事業の規制緩和を求めるとともに、国家戦略特区化を要望した。市では運転手が足りないため現状で20~25%程度のタクシーが活用されていない状況を受け、第二種自動車運転免許の運用の柔軟化を求め第一種免許でも業務ができるよう運用の柔軟化も要望している。」
 昨年、チームネクストにて沖縄を訪問した際に、宮古島のタクシー会社社長が話していたことです。クルーズ船が入港して観光客が増えているのですが、タクシーが観光客に向けられると、住民の利用に応える余裕がないとのことでした。運転手が足りないので、第一種免許での運行を要望しているとのことです。がちがちの法律運用を取るのか、利用者利便に向けた柔軟な対応をするのか、国の対応が問われるところです。利用者よりもメンツを大事にする全タク連はきっと反対するのでしょうね。
にほんブログ村 零細企業社長
人気ブログランキングへ

→詳細

2018年08月09日 10:51 posted by さだ

森ビルのライドシェア実験について

本日の日経新聞に、森ビルによるライドシェア実験の記事がありました。
―――
20180802-092406.jpg

森ビルは1日、東京都心で走らせる自動車に社員が相乗りして移動する実証実験を始めたと発表した。米ライドシェア大手のヴィアが予約・運行システムを提供する。日本では一般車両での有償の相乗りは原則禁止だが、森ビルが料金を負担し社員は無料で乗れるようにしたことで可能になった。ヴィアは利用データを集め、国内での事業展開を検討する。
スマートフォンのアプリで簡単に予約できる(後ろが使用する車両)
 「オンデマンド型シャトルサービス」として森ビルの社員約1300人を対象に2019年7月末まで実施する。出退勤や外出で自由に使える。
―――
 私の本でも紹介しているViaのシステムを使うようです。アメリカでは、UberやLyftだけでなく、いろんなタイプのライドシェアが日々進化しています。その運用先が、どんどん日本に入ってきます。日本でのタクシー業界や国交省の亀みたいなスピードを見ていると、もしかしたら、わざとゆっくりとして外からサービスが入ってくるのを待っているみたいにも思えてきます。ワーワー叫んでいるのは、何も知らない地方のタクシー屋ばかりなのかもしれません。初乗り短縮も定期券も、すでにやってることなのだから、実証実験などせずにさっさと通達でできるようにしたらいいだけです。なぜそこまで先延ばしにするのか、国交省の本当の意図がよくわかりません。
 森ビルが行う社員向けのライドシェアは、4台の白ナンバーを使うということです。大切な社員を乗せるのに、「運転手は2種免許が必要」なんて、誰も考えません。例えば手術をするのに、「医師免許は必要ない」などと誰も考えません。運転に関しては、一般的に2種免許の重みはほぼないと言っていいでしょう。大切な家族だって、普通に送迎するのですから。
 タクシー業界がノロノロしている間でも、移動のニーズはどんどん拡大していっています。高価なタクシーだけではそのニーズを捕まえることができず、今のままではタクシーは蚊帳の外になっていくでしょう。
 私も何とか頑張りたいのですが、西南戦争の西郷か、幕末の会津藩か。
にほんブログ村 零細企業社長
人気ブログランキングへ

→詳細

2018年08月02日 09:17 posted by さだ

本が発刊されました!

以前ご案内の通り、拙著「タクシー・イノベーションと乗務員不足対策への挑戦」が発刊されました。B5サイズ157ページです。ご購入していただける場合は、私を通していただくと、著者割引価格が適用できますので、お知らせください。
ーーー
<目次>
序(前書き)交通事業イノベーションの可能性
    大井尚司(大分大学経済学部門准教授)
第1章 道路運送法の変遷とタクシー産業
第2章 ライドシェア躍進の背景とタクシー事業
第3章 タクシーのイノベーションに向けて
第4章 規制改革推進会議への提案
第5章 タクシーの公共交通化と地域創生戦略(寄稿)
 石橋孝三(光タクシー代表取締役)
 及川 孝(フタバタクシー代表取締役)
ーーー
 また、弊社のお客様で、この本を読んでみようという方がいらっしゃいましたら、手持ちがある限り贈呈したいと思いますので、弊社までご連絡ください。
20180731-185043.jpg

にほんブログ村 零細企業社長
人気ブログランキングへ

→詳細

2018年07月31日 18:49 posted by さだ

ライドシェアの実験が盛んなのに・・

①ライドシェア実験その1
 ドライブマッチングアプリ「クルー」を運営するAzit(アジット)とヨロン島観光協会は、観光ピーク時の公共交通機関不足問題に対処するため、与論島内で「互助モビリティプラットフォームサービス」を使った新たな移動手段を提供する実証実験を8月から開始する。Azitとヨロン島観光協会が6月21日、発表した。
②ライドシェア実験その2
 マツダと広島県は10月から三次市でライドシェアサービスの実証実験を始める。過疎地で高齢者らの移動を支援する仕組みを構築する。
―――
 観光地や過疎地での移動手段の確保が課題となっている地域は多く、現状では、どうしてもライドシェアに目が向きます。上記の2つの実験は、ガソリン代程度の有償で行うため、有償運送の枠から出たサービスです。これからも、こういった取組みはどんどん普及していくでしょう。こんな時、タクシー業界は何をするのでしょうか?何かできることがあるのではないかと、私は思うのですが、全タク連さんや国交省はいかがですか?
にほんブログ村 零細企業社長
人気ブログランキングへ

→詳細

2018年06月23日 16:22 posted by さだ

スマートバス停とイノベーション

20180623-160910.jpg

6月20日のタクコミネット研究会にて、「スマートバス停」の紹介がありました。このスマートバス停とは、西鉄バスと安川情報システムが実証実験していて、バス停の時刻表を電子化したものです。時刻表を電子化することによって、ダイヤ改正の際に、バス停を回って時刻表を入れ替える代わりに、遠隔でさっと入れ替えることができるようになります。
 今までも電子化しようという発想はあったと思いますが、電力、通信、コストといった課題があったようです。SIMカードの低廉化や太陽光バッテリーの進化によって、以前の課題が解決されてきたということです。
 バス停の時刻表の入れ替え作業が楽になるというだけでは、やはりもったいないですね。今は硬直的な時刻表の設定も、もっとフレキシブルに変えられるような制度変更も求められてくるのではないでしょうか?例えば、1時間毎にしか走っていないバス停に、何かのイベントで利用者が一時的に増えたときに、間に1本追加するとかいうことも、面白いと思います。電子化によってできることが増えれば、制度も変えていかねばなりません。ところが、制度が追いついていかないのが、今頃の国交省です。とても、残念ですが。
にほんブログ村 零細企業社長
人気ブログランキングへ

→詳細

2018年06月23日 16:07 posted by さだ

 
■年間アーカイブ

2018年08月
2018年07月
2018年06月
2018年05月
2018年04月
2018年03月
2018年02月
2018年01月
2017年12月
2017年11月
2017年09月
2017年08月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年03月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年09月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年04月
2015年03月
2015年02月
2015年01月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2014年01月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年05月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年04月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年07月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年06月
2010年05月
2010年04月
2010年03月
2010年02月
2010年01月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月
2009年07月
2009年06月
2009年05月
2009年04月
2009年03月
2009年02月
2009年01月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
2008年06月
2008年05月
2008年04月
2008年03月
2008年02月
2008年01月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年09月
2007年08月
2007年07月
2007年06月
2007年05月
2007年04月
2007年03月
2007年02月
2007年01月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年09月
2006年08月
2006年07月
2006年06月


最近のコメント

二種免許必要かどうかの議論を: この国にはタクシー業界の衰退を企む影の力が存在するのでしょう
カラオケタクシー: モバイルWIFIとニンテンドウスィッチのカラオケアプリ(jo
エムケイの空港乗合タクシー貨物輸送と規制改革会議の矛盾: 国交省って誰に向かって仕事してるのから?
二種免許必要かどうかの議論を: ぜひ、国民投票してください。または調査会社を使ってでも、全数
自家用有償と規制改革: 業界と省庁だけで煮詰まってる感が…タクシー業界ってかわいそう
JAPAN TAXIのスタート: 一回も乗って無いけどこの車、最大公約数的な感じが… 運転席
謹賀新年!: 新年明けましておめでとうございます。初夢は二十歳前後のピチピ
タクシーの働き方改革提案: がんじがらめの規制で大変なんだなーといつも拝読しております。
カラオケタクシー: カラオケタクシーと言えるのは、今のところ私だけだと思います。
小郡市の自治会運営運送はグレー?: 興味深い事例ですが、私の立法作業に従事した経験からすると、業
このページのTOPへ