あいのり北空便ほほえみグループ三ヶ森タクシー
社長ブログ
予約受付ログイン
メールアドレス:
パスワード:
ログイン
予約電話受付0936010077
会社案内

有限会社三ヶ森タクシー

〒807-0845
福岡県北九州市八幡西区永犬丸南町2-2-41
PHONE / 093-601-0077
FAX / 093-612-9220
E-mail / info@ainoritaxi.com

■配車センターTEL

093-601-0077

三ヶ森タクシー

北九州便利帳
■空港関連リンク
・新北九州空港
・JAL
・スターフライヤー
・J-AIR
・日本トランスオーシャン航空

もっと、北九州観光情報やグルメ情報を知りたい人は、こちらをクリック

→北九州便利帳

 
規制改革推進会議に出席した1週間後の思い

幕末の坂本竜馬ってこんな気持ちだったのだろうか?こう言うと、自分をすごく美化したり、うぬぼれてると罵られそうですが、「大胆な提案」を公に発表してから落ち着かない日々が続いています。今が幕末だったら、私はタクシー業界の1部の人から暗殺されているかもしれません。こそっと「私も賛成です」と言ってくれる人もいれば、遠目できつい視線を浴びせてくる同業者もいます。同業者が集まる会議に出ると、回りの視線を強く感じ、終わった後も気持ちが落ち着きません。
 「大胆な提案」に賛成する人とそうでない人とを色分けしてみると、およそ福祉タクシー的なことに取り組んだり、自分自ら地域の悩みを聞いてきた社長は、賛成する傾向だと感じています。あと、業界外でタクシー業界のことを一緒に考えてる人も、ほぼ賛成してくれます。客観的にみても、それが究極のライドシェア対策だと認めてくれます。
 タクシーの顧客が減少していくと同時に、運転手が減少していき、24時間対応するなどとても無理な状況になってきます。そうなると、タクシー以外の移動手段を考えなくてはなりません。現状のタクシーの顧客は減少していますが、潜在的なニーズはむしろ増えているのですから。
 ビジネスの基本は、「必要な人に望まれるサービスを提供し適正な対価を得ること」です。日本のタクシーは諸外国に比べても素晴らしいと思いますが、移動したい全てのニーズには十分応えてはいません。その証拠が右肩下がりの需要です。いくら素晴らしい接客をしても、カード決済機を導入しても、使いたくても使えない人は増えています。お客様の望む方向と事業者の目指す方向がずれているとしか言いようがありません。
 弊社単独で考えると、タクシー乗客数は他の事業者と同様に減少していますが、介護タクシーと合わせると、そこそこ頑張っています。普通のタクシーでは移動できない人の移動を介護タクシーという別モードで対応したからです。
 今回の「大胆な提案」は、普通のタクシーでは対応できない顧客層を、別のサービスが出てくる前にタクシーが引き受けようというものです。「別のサービス」とは、ライドシェアだけを言うのではなく、有償運送もあるでしょうし、いつか唐突に出てくる未知なサービスもあり得ます。「強いニーズ」が発生したときに、新しいサービスはどこからともなく出てくるからです。それは、何も今考えられるライドシェアだけではありません。言いたいことは、新しいサービスが出てきたときはもう遅く、タクシーが今のうちに分野を広げていくとこが大事だということです。
 今だけの損得を考えるのではなく、将来を見据えたタクシー像を議論していくことが、タクシー業界が目指すべき道です。
にほんブログ村 零細企業社長
人気ブログランキングへ

→詳細

2017年11月03日 17:23 posted by さだ

多様な運転手が旅客運送サービスを提供する新たなタクシー事業の実現

(規制改革ホットラインに送信した内容です)
運転免許自主返納の取組みや高齢化により、自家用自動車での移動が必須となっている地方等においても、自ら車を運転できない者が増加している。また、定期的な通院や買い物等の日常的な中距離の移動需要に対し、タクシーでの移動は高額となること、さらに地方によってはバスが一日に数本程度しかないため、旅客運送サービスが充分に提供されていない地域が広がり始めており、今後益々広がっていくことが懸念される。
 このような地域における日常的な中距離移動需要に応えるための対策の一つとして、低価格帯のタクシーの提供が考えられるが、タクシー業界は、既存ドライバーの高齢化と新規ドライバーのなり手が減少の傾向にあり、近いうちに深刻な人手不足に陥ることが懸念されており、かつ事業費の大半を人件費が占めているため実現は極めて難しい。一方で、既存ドライバーやドライバー希望者の中には、短時間勤務など柔軟な働き方へのニーズが高まっている。
 また、地方、都市に関わらず、大規模イベント等に伴う突発的な移動需要に対し、タクシーは充分に対応できておらず、特に2020年東京オリンピックによるインバウンドの増加に対応できないことが懸念される。
 このような状況に対応するため、サービス提供事業者(主に既存のタクシー会社を想定)が責任主体として運行管理等の安全対策を実施することを前提に、登録個人ドライバーが自家用自動車を用いて有償で旅客運送を行う以下のサービスを提案する。
(1)サービス提供者(タクシー事業者等)は、登録車両に運行状況の遠隔監視の仕組みを実装し乗務記録・運行記録によるドライバーの乗務時間の把握等の安全対策を行う。また、事故発生時の対応を行う。
(2)登録個人ドライバーは、一定の稼働時間等の制限の下、あらかじめ依頼された「配車」のみに対応する。ドライバーの要件は、第二種運転免許取得者または第一種運転免許を受けており国土交通大臣が認定した講習を受講している者とする。さらに任意保険の加入を義務付けることとする。
にほんブログ村 零細企業社長
人気ブログランキングへ

→詳細

2017年09月26日 14:50 posted by さだ

フィリピンのタクシー配車アプリ Micab

20170916-221651.jpg

フィリピンでタクシー向けに配車アプリを提供しているMicabのCEOから話を聞くことができました。
 タクシーが3万3千台なのに対し、Uberが6万6千台、Grabが5万2千台もあるそうです。市民ガイドさんの話でも、タクシーは良くないからUberやGrabを利用するのが一般的だそうです。
 タクシーの味方をしているのが、Micabであり、タクシーと顧客とを結ぶだけでなく、相互評価や利便性の向上によって、タクシーの顧客を増やすことを目指しているそうです。
 タクシー運賃に予約料として50ペソを付加し、そのうち10ペソがタクシー会社に、40ペソがドライバーに入ります。配車アプリ側には手数料がありませんが、そこは広告収入からまかなっているそうです。Uberなどと違い、手数料を取らないで広告収入でまかなうというビジネスモデルができれば、こんな素晴らしいことはないと思いました。
 50ペソを上乗せしても、Uberよりも安いと言っていましたが、にわかに信じられませんでした。タクシーがメーター運賃よりも普通は高く取っているということでしょうか?
 どちらにしても、日本のタクシーも、もっと広告収入が得られるように工夫をしなければなりません。
にほんブログ村 零細企業社長
人気ブログランキングへ

→詳細

2017年09月16日 22:16 posted by さだ

トライシクル(三輪タクシー)in マニラ

20170916-220513.jpg


公共交通と言えるかどうかよくわかりませんが、バイクの横にサイドカーを付けた乗り物をトライシクルと言います。とても何人も乗れるようには見えませんが、5人乗りだそうです。運賃は、Jeepneyと同じ1人1回8ペソ。
 このトライシクルの運転手にも話を聞くことができました。おじさんから1日200ペソでトライシクルを借りて、12時間交代で、ガソリン代300ペソを払って、手取りが1日あたり450~500ペソだそうです。タイヤ交換や修理なども自分でしないといけないようです。
にほんブログ村 零細企業社長
人気ブログランキングへ

→詳細

2017年09月16日 22:01 posted by さだ

Jeepney(マニラにて)

20170916-215756.jpg

マニラの主な公共交通機関は、Jeepney、UVExpress、Taxi、Busというものがあります。この中で、Jeepneyは、一番よく見かける乗合のバス(トラックを改造したもの)です。
20170916-215832.jpg

 Jeepneyの運転手に話を聞くことができました。一人当たりの運賃は、1回あたり8ペソ(20円くらい)です。16人乗りなので、満席で128ペソになります。運転手の話によると、4時から22時まで働いて、1日の売り上げが2,000ペソくらい。その中から、オーナーにレンタル代800ペソを払い、ガソリン代700ペソを払ったら、手取りは400~600ペソだそうです。自営業になるので、社会保険にも入っていません。41歳で、子供と孫との3世帯で本当に狭い家で暮らしています。
20170916-215859.jpg

土地は借り物ですが、20年ほど前に4万ペソ(10万円くらい)で建てた家(と言っても小屋と言ったほうがイメージが合います)だそうです。将来は、オーナーになりたいと言うが、きっと難しいと思いました。
にほんブログ村 零細企業社長
人気ブログランキングへ

→詳細

2017年09月16日 21:56 posted by さだ

 
■年間アーカイブ

2017年11月
2017年09月
2017年08月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年03月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年09月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年04月
2015年03月
2015年02月
2015年01月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2014年01月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年05月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年04月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年07月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年06月
2010年05月
2010年04月
2010年03月
2010年02月
2010年01月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月
2009年07月
2009年06月
2009年05月
2009年04月
2009年03月
2009年02月
2009年01月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
2008年06月
2008年05月
2008年04月
2008年03月
2008年02月
2008年01月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年09月
2007年08月
2007年07月
2007年06月
2007年05月
2007年04月
2007年03月
2007年02月
2007年01月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年09月
2006年08月
2006年07月
2006年06月


最近のコメント

タクシーの働き方改革提案: がんじがらめの規制で大変なんだなーといつも拝読しております。
カラオケタクシー: カラオケタクシーと言えるのは、今のところ私だけだと思います。
小郡市の自治会運営運送はグレー?: 興味深い事例ですが、私の立法作業に従事した経験からすると、業
「Taxi Japan」をご覧ください: 貞包社長がやってこられた事と今回の「大胆な提案」がそれだけ、
配車アプリでの運賃事前提示に向けて: 貞包社長 全く同感です!運賃の事前提示が出来るようになったら
納得できないJRの追加運賃: その区間は分岐駅通過の特例で小倉まで乗れるだけで途中下車は出
ロンドンタクシーその1: 貞包社長にすごくマメにロンドンタクシーの写真を撮って頂いてい
たまには外食をタクシーで・・・: 思いやる心が悩みを産む。でも、その先に何かが見つかるかも。
コンビニも介護事業に参入?: いよいよ来た!って感じがしますよね。 遅かれ早かれ来るだろう
全タク連会長のお話: 全く同じ感想を持ちました。 運賃の制度改革、やってみる価値は
このページのTOPへ