あいのり北空便ほほえみグループ三ヶ森タクシー
社長ブログ
予約受付ログイン
メールアドレス:
パスワード:
ログイン
予約電話受付0936010077
会社案内

有限会社三ヶ森タクシー

〒807-0845
福岡県北九州市八幡西区永犬丸南町2-2-41
PHONE / 093-601-0077
FAX / 093-612-9220
E-mail / info@ainoritaxi.com

■配車センターTEL

093-601-0077

三ヶ森タクシー

北九州便利帳
■空港関連リンク
・新北九州空港
・JAL
・スターフライヤー
・J-AIR
・日本トランスオーシャン航空

もっと、北九州観光情報やグルメ情報を知りたい人は、こちらをクリック

→北九州便利帳

 
フジの「特ダネ」

20170926-145237.jpg


国交省が来年度、タクシーの定額制のサービス(定期券等)の実験を行うという発表を行ったことで、全国で唯一行っている弊社へのテレビ取材がきています。8日には、RKBの今日感テレビが来られて、先々週に放送がありました。
 昨日は、フジテレビの特ダネが来られて、社長へのインタビューとフリーパスのお客様への同行取材がありました。北朝鮮のロケット等の突発的なニュースが入らなければ、28日(木)の9時15分ころから放映があるそうです。もし、お時間がある方はご覧ください。
にほんブログ村 零細企業社長
人気ブログランキングへ

→詳細

2017年09月26日 14:50 posted by さだ

フィリピンのタクシー配車アプリ Micab

20170916-221651.jpg

フィリピンでタクシー向けに配車アプリを提供しているMicabのCEOから話を聞くことができました。
 タクシーが3万3千台なのに対し、Uberが6万6千台、Grabが5万2千台もあるそうです。市民ガイドさんの話でも、タクシーは良くないからUberやGrabを利用するのが一般的だそうです。
 タクシーの味方をしているのが、Micabであり、タクシーと顧客とを結ぶだけでなく、相互評価や利便性の向上によって、タクシーの顧客を増やすことを目指しているそうです。
 タクシー運賃に予約料として50ペソを付加し、そのうち10ペソがタクシー会社に、40ペソがドライバーに入ります。配車アプリ側には手数料がありませんが、そこは広告収入からまかなっているそうです。Uberなどと違い、手数料を取らないで広告収入でまかなうというビジネスモデルができれば、こんな素晴らしいことはないと思いました。
 50ペソを上乗せしても、Uberよりも安いと言っていましたが、にわかに信じられませんでした。タクシーがメーター運賃よりも普通は高く取っているということでしょうか?
 どちらにしても、日本のタクシーも、もっと広告収入が得られるように工夫をしなければなりません。
にほんブログ村 零細企業社長
人気ブログランキングへ

→詳細

2017年09月16日 22:16 posted by さだ

トライシクル(三輪タクシー)in マニラ

20170916-220513.jpg


公共交通と言えるかどうかよくわかりませんが、バイクの横にサイドカーを付けた乗り物をトライシクルと言います。とても何人も乗れるようには見えませんが、5人乗りだそうです。運賃は、Jeepneyと同じ1人1回8ペソ。
 このトライシクルの運転手にも話を聞くことができました。おじさんから1日200ペソでトライシクルを借りて、12時間交代で、ガソリン代300ペソを払って、手取りが1日あたり450~500ペソだそうです。タイヤ交換や修理なども自分でしないといけないようです。
にほんブログ村 零細企業社長
人気ブログランキングへ

→詳細

2017年09月16日 22:01 posted by さだ

Jeepney(マニラにて)

20170916-215756.jpg

マニラの主な公共交通機関は、Jeepney、UVExpress、Taxi、Busというものがあります。この中で、Jeepneyは、一番よく見かける乗合のバス(トラックを改造したもの)です。
20170916-215832.jpg

 Jeepneyの運転手に話を聞くことができました。一人当たりの運賃は、1回あたり8ペソ(20円くらい)です。16人乗りなので、満席で128ペソになります。運転手の話によると、4時から22時まで働いて、1日の売り上げが2,000ペソくらい。その中から、オーナーにレンタル代800ペソを払い、ガソリン代700ペソを払ったら、手取りは400~600ペソだそうです。自営業になるので、社会保険にも入っていません。41歳で、子供と孫との3世帯で本当に狭い家で暮らしています。
20170916-215859.jpg

土地は借り物ですが、20年ほど前に4万ペソ(10万円くらい)で建てた家(と言っても小屋と言ったほうがイメージが合います)だそうです。将来は、オーナーになりたいと言うが、きっと難しいと思いました。
にほんブログ村 零細企業社長
人気ブログランキングへ

→詳細

2017年09月16日 21:56 posted by さだ

タクシーの働き方改革提案

20170908-141323.jpg


本日の新聞で、「警察庁が集配中の宅配トラックに限って駐車規制を緩和する」という記事がありました。これは政府が進める「働き方改革」の一環で、警察庁は規制を緩和して集配中の宅配トラックに限り、短時間、駐車できるスペースを増やすというものです。
 6日には、全タク連の労務委員会があり、国交省自動車局より自動車運送事業の働き方改革についての説明がありました。今後、業界としてアクションプランを作るということでした。
 私は、手を挙げて「トラックに比べるとタクシーの取り組む内容に見劣りがする。時間当たりの売上げ目標を具体的に決めて、そうなるためのプランを考えるべき」と意見を申し上げました。例えば、鉄道の駅待ちのタクシーが何台もあるが、タクシーの乗客がどれくらいいるかは統計的にわかるので、ある時間帯は何台にすれば売上げ目標になるかわかるはずです。本数の少ない空港などでは、場合によってはどうしても目標以上の売上げにならない場合もあり、その際は空港が配置コストを負担するということも考えるべきです。
 タクシーも、冒頭の駐車規制の緩和のような施策も考える必要があります。例えば、
1. 付加料金の設定
 地方では、お客様の荷物を玄関まで届けることも普通に行っていますが、1個100円だどと付加料金を設定することも検討すべきです。
 UDタクシーも、車椅子で乗車する場合は、どうしても時間が多少かかりますので、何らかの料金設定を考えるべきです。
2. バスレーンの走行
 走行速度を上げることは、効率化につながりますので、実現ができるかは別にして、メニューには入れるべきです。
3. バス停付近の駐禁の緩和
 バス停付近は、バスを逃したお客様が多いのが現実であり、近くにタクシーが停車できることは検討すべきです。
4. タクシー乗り場の検証
 1時間あたりの売上げが、目標(例えば1時間2千円以上)になるように、台数を規制する。場合によっては、タクシーを配置しないこととし、配置する必要がある場合は、配置コストを負担していただく。
5. 24時間体制の見直し
 地方ではすでに深夜帯の配車を行っていないところもあるが、24時間稼動しているという前提は見直すべき。緊急コールにできるような自宅待機を制度化できないか。
6. 帰りの空車タクシーの利用
 トラックと同様に、タクシーにも営業所に帰るという車両が多く、帰りが空車になっている場合が多い。帰りの空車の運賃を安くするなどして実車率を上げる取り組みをしていかないと、効率性は上がらない。
7. 乗務員証の個人化
 現在、乗務員証は会社に帰属しているので、他社の車両にのることはできない。乗務員証は、個人で作成することとし、事故履歴や苦情履歴も乗務員証に記録させていく。乗務員は、いろんな会社に乗務することもでき、乗務員の流動化にもつながり、より会社の選別化が進んでいく。
8. 女性が働きやすい環境整備
 特に、酔客に対してどうするかなど、女性だけでなく男性乗務員も酔客に困る場合が多く、そろそろ環境整備を国として考えてもいいのではないでしょうか?
以上、思いつくままに並べてみましたが、まだまだやることはある筈です。県協会に投げたのでは、きっと意見は出てこないでしょう。真剣に考えるなら、真剣に考える人を集めないと。
にほんブログ村 零細企業社長
人気ブログランキングへ

→詳細

2017年09月08日 14:12 posted by さだ

 
■年間アーカイブ

2017年09月
2017年08月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年03月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年09月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年04月
2015年03月
2015年02月
2015年01月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2014年01月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年05月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年04月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年07月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年06月
2010年05月
2010年04月
2010年03月
2010年02月
2010年01月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月
2009年07月
2009年06月
2009年05月
2009年04月
2009年03月
2009年02月
2009年01月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
2008年06月
2008年05月
2008年04月
2008年03月
2008年02月
2008年01月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年09月
2007年08月
2007年07月
2007年06月
2007年05月
2007年04月
2007年03月
2007年02月
2007年01月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年09月
2006年08月
2006年07月
2006年06月


最近のコメント

タクシーの働き方改革提案: がんじがらめの規制で大変なんだなーといつも拝読しております。
カラオケタクシー: カラオケタクシーと言えるのは、今のところ私だけだと思います。
小郡市の自治会運営運送はグレー?: 興味深い事例ですが、私の立法作業に従事した経験からすると、業
「Taxi Japan」をご覧ください: 貞包社長がやってこられた事と今回の「大胆な提案」がそれだけ、
配車アプリでの運賃事前提示に向けて: 貞包社長 全く同感です!運賃の事前提示が出来るようになったら
納得できないJRの追加運賃: その区間は分岐駅通過の特例で小倉まで乗れるだけで途中下車は出
ロンドンタクシーその1: 貞包社長にすごくマメにロンドンタクシーの写真を撮って頂いてい
たまには外食をタクシーで・・・: 思いやる心が悩みを産む。でも、その先に何かが見つかるかも。
コンビニも介護事業に参入?: いよいよ来た!って感じがしますよね。 遅かれ早かれ来るだろう
全タク連会長のお話: 全く同じ感想を持ちました。 運賃の制度改革、やってみる価値は
このページのTOPへ